ロイヤル山口公式ホームページ ロイヤル山口公式ホームページ ロイヤル山口公式ホームページ ロイヤル山口公式ホームページ
トップページ プロフィール 出演実績 演技写真 宣材写真 出演依頼

松旭斎天一没後100年「天一祭」ポスター

鯖江市神明苑イベント

鯖江市神明苑イベント

月尾谷祭り

 

福井県立こども歴史文化館
福井県立病院文化祭
福井葵会館
聖三一幼稚園
丸岡霞の温泉
とんとんびょうし
木田神社祭礼
越前市五分市水仙苑
岡保地区おもと会
福井市文化会館
越前そばの里祭り
福新町夏祭り
社商工団地夏祭り
美山らくらく亭
さばえめがねミュージアム
あさむつ苑
福井市六条秋祭
神明苑
上志比文化会館
鯖江市神中児童センター
鯖江市東部児童センター
日本全国グルメ博サンドーム
三国町イーザー
福井市ナナイロ
大野市あっ宝らんど
長泉寺町児童センター
JA福井市文殊支店
伊自良温泉老人会
鯖江住吉にぎわい横丁
JA三方年金
福井運動公園こどもの国
丸岡体育館敬老会
バードグリーンホテル
織田三崎集落センター
鯖江市農協本店
鯖江市農協神明支店
坂井町老人会
武生パレスホテル
武生社会福祉協議会
小浜市旭座
西藤島夏祭り民謡大会
福井国際交流会館
勝山市北郷町文化祭
福井市希望が丘自治会夏祭り
JA福井市岡保地区おもと会

 

福井市エルパ&アピタ
JA福井市木田支店
JA福井市六条支店
あわらグランドホテル
青少年育成福井市民会議
鯖江市青少年センター
鯖江市住吉町夏祭り
福団地夏祭り
福井市ユアーズホテル
すかっとランド九頭竜
福井出雲記念館アブニール
池田町上荒谷秋祭り
東郷赤坂公民館
越前市文室町秋祭り
福井市JA酒生支店
今寿苑
加茂会館大鍋会
鯖江市鳥羽児童センター
鯖江市石田児童センター
旧清水町ひだまり
安居公民館クリスマス
鯖江国際交流センター
越前市北町子供会
福井県青少年センター
越前市遊楽里
鯖江市進徳幼稚園
あわら温泉ゆ楽
あわら温泉グラバー亭
鯖江ライオンズクラブ
鯖江市川島町母親クラブ
富士屋会館
南芝原公民館
武生商工会議所
安島ふれあいセンター
福井市朝倉苑
越前市千福町秋祭り
三国木部公民館
福井市モアヤング
鯖江市西袋町文化祭
鯖江市料亭中松
春江松栄ホーム
新築鯖江公民館ステージ
福井市生部町秋祭り
福井市西藤島地区夏まつり
福井市家の森新春DAY

JA年金友の会立待
和倉温泉海望
大野市文化会館
鯖江市民会館
福井市山奥町神社
嶺南病院
損保ジャパン福井支店
福寿苑
北新庄体育館鯖江市豊老人会
鯖江市下河端壮年会
竹田すこやかクラブ
八ヶ幼保園
あわらグランディア芳泉
瀧雅ステージあじまの万葉祭り
あわら温泉つるや
糺諏訪神社祭礼
あすなろ町内会
JA丹南鯖江北支店
岡本地区月尾谷祭り
東京日本橋公会堂
芝原公園夏祭り
福井市文化会館
鯖江市文化センター
勝山市成器南幼稚園
JA丹南河和田出張所
東郷公民館
鯖江市中河保育所
鯖江市柳町児童センター
磯部東幼保園
坂井保育所
フェニックス2階ことばの教室
南越前町河野保育園
鯖江市立待保育園
福井市木田公民館花堂東子供会
水仙園開設記念
平泉寺町敬老会
道の駅みくにうまい物まつり
羽生公民館年金友の会
ハピテラス
JR鯖江駅ライブラリーtetote
三国観光ホテル
鯖江市神明あおい保育園
鯖江市松阜神社秋例大祭
鯖江市日吉神社夏季例大祭
大野市上庄地区限定成人式
福井市松本地区年賀会

 

ニッポンの夜明けは福井から
幕末明治福井150年博プレイベント

 

ロイヤル山口 和妻のひととき

 

ロイヤル山口 サロンマジック ロイヤル山口 春のディナーショー

 

ロイヤル山口 鯖江誠市

 

 

 

ロイヤル山口小浜旭座公演

 

 

 

サムタイ(thumb tie)は、クロースアップ・マジックのネタのひとつ。柱抜き、とも言う。両手の親指を観客にこよりなどできつく縛ってもらうが、柱や輪などがかんたんにすり抜けてしまう、というもの。もともと明治時代初期に西欧から輸入されたネタだが、日本奇術の嚆矢松旭斎天一が改善し、その持ちネタとして、米国でも公演し、「天一のサムタイ」として知られるほどになった。ダイ・バーノンは、これに感銘を受け、自分の持ちネタとして改良するに至った。日本では、天一のスタイルは、松田昇太郎が継承していた。今日、このネタを応用して、指手錠や日本刀など、さまざまなクローズアップ・マジックや大がかりなステージ・マジックの演出が開発されている。しかし、このネタは、原理よりも、演者の技量によるところが大きく、いまなおプロとしての奇術師の腕前がタメされる難易度の高い基本ネタのひとつとして大切にされている。

                                                        ウィキペディアより

 

 

ページの先頭に戻る